読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総ボーイ雷斗のプロレスと農業と日々の事。

岩手県紫波町で農業してます!たまにプロレス、そんな日々をblogします。よろしく!

バミューダトライアングルとプエルトリコとKAIENTAI DOJO③

プエルトリコ話しの続きです。

合計3回わたしはプエルトリコに行ったんですが、2回目の時には2期生同期の石坂鉄平と一緒でした。

ここは彼も書いてるようですね。参考までにどうぞ。

ameblo.jp


あいつ助けてくれたっけ、、、?あいまいな記憶しか残ってないけどイミグレーション(入国審査)で結構時間かかってしまいました。んで乗り継ぎ場所に向かうとき彼はキレ気味だったなぁ。

「何分待たせんだよ!」とか「遅いから預けてた荷物(雷斗の荷物)もどっかいっちゃんだよ!もう早くしないと乗り継ぎに間に合わないよっ!」とか言われたような気がする。

んで、空港職員においらの荷物どこ?って聞いたら、振り向いた男性職員の社会の窓が目の前にあるくらい大きな男のひとで、しかもアイスキャンディー(ガリガリ君みたいなの)食べてたなぁ。

んで、へいちゃん(石坂鉄平)に報告。

「なんであいつらってデケーの!?もうガリバー気分で最高!アイス食ってるヤツいたから、テメー仕事中にガリガリ君食ってんじゃねぇよっ!って笑顔で言っといたから(日本語で)」

こんな報告をした気がする。さらに、

「日本語で文句言うと楽しーぞ。あ、言葉わかるヤツいたらあぶねーよな。気をつけてよ、へいちゃん。」

それはお前だろっ!って冷静に切り返された気がする。

んで、トイレしたいって言ったらイラっとするへいちゃん。

「便器の高さがハンパねーよ。もうつま先立ちでプルプルしっぱなしだったよぉ。」

と、早速報告。んで、

「あいつら股下いくらあんのよ。ちょっとくらべようぜ!」

っと言って、背の高い外国人と隣同士に歩いてにこにこ笑顔で振り向いたら、へいちゃんは真顔でガン無視だったなぁ。反応あるまでずっと見てたらプイって横むいたし。

そんな感じで、やっとプエルトリコ行きの飛行機に乗れました。

そうそうタイトルのバミューダトライアングルの説明しなきゃ。

では次回。

バミューダトライアングルプエルトリコとKAIENTAI DOJO④へ