房総ボーイ雷斗のプロレスと農業と日々の事。

岩手県紫波町で農業してます!たまにプロレス、そんな日々をblogします。よろしく!

バミューダトライアングルとプエルトリコとKAIENTAI DOJO②

プエルトリコは日本人なんてほとんどいない国だから、よくチーノ!(中国人)ってバカにされてました。

東洋人=中国人(馬鹿にできるヤツら)って感じです。

もちろん、チーノ!って言ってくるヤツに容赦がなかったのは、石坂鉄平くんのブログでおなじみの1期生 柏 大五郎 選手でした。

ameblo.jp


「よっ!チーノォ。」
(たぶん名前もわからん東洋人に愛嬌を込めて挨拶してくれた現地のおじさん)

「うるせぇ!この土人(どじん)どもが!」とキレる柏さん。

後ろを歩いてた私や、にこやかな笑顔だったおじさんともども、うわぁぁってなってました。

あるとき、試合を終えて会場から車に戻るとき現地のプエルトリコ人に囲まれてしまったことがあります。

チーノ!って連呼してきたガキンチョどもに向かって

「この土人(どじん)ども!フザケんじゃねぇ!!」って追いかけ回す。

うきゃきゃ♪って逃げ回る現地のどじん、、、いやプエルトリカンたち。

帰りの車中、ナイフで刺されるかもしれないから相手にしちゃダメだよ。って冷静に忠告するMIYAWAKIさんでしたが、ハンドルを握っていた柏さんは無言のアクセル全開。ベタ踏み。

みんなが知らない道を駆け抜け、何度も急ブレーキと急発進を繰り返しての車庫入れ。

もう首ががっくんがっくんしてむち打ちになりそうで、猛烈なスピードと今までに見た事ないハンドルさばきに死がよぎりました。

んで、捨てゼリフに「オレに運転なんかさせんじゃねぇ!」

豪快にドアを閉めて、スタスタとエレベーターに向かう柏さん。放心状態で車内に残った者たち。

よかれと思って発言したMIYAWAKIさん。
死ぬぅってみんなが思った車の中。
八つ当たり状態の柏さん。

みんな異国の地での生活にまいってたのかもしれません。

あぁ。運転は率先してやろう。とそのとき心に思いました。


こんな思い出がありますが10年以上前のことなので記憶違いでしたらすみません。柏さん。

日本へ戻るとき、1番寂しそうにしながら「早く戻ってこいよ。絶対だぞ!」って言ってくれたのはもちろん柏さんです。

バミューダトライアングルプエルトリコとKAIENTAI DOJO③へ