房総ボーイ雷斗のプロレスと農業と日々の事。

岩手県紫波町で農業してます!たまにプロレス、そんな日々をblogします。よろしく!

カリブ海に浮かぶ小さな島。プエルトリコとKAIENTAI DOJO③

プエルトリコに着いて2〜3日の幻の2期生。

今思えば、朝のランニング途中にあるバス停を眺めていたような気がします。それとも、あのバスに乗れば飛行場にいけるんじゃねって言ったような記憶もあります。

ただ、車でしか飛行場に行けない場所に合宿所はあります。
(気合いがあれば歩いていけたかもしれませんけどね)

どうやったら飛行場までいけるかな?って言いだした彼を、とにかくその場は明日も頑張ろうよってなだめました。

ところが、朝起きてみればちゃんこ当番なはずの彼がいない。ちゃんこも出来てないし彼はどこにもいないって事で騒然となる合宿所。

慌ててちゃんこ作ったり、だれか飛行場まで探しに行ったけどもうすでに彼はいなかった。

確か、彼が来て2日やって1日休めたちゃんこ当番が、2日やって半日休み。のみに戻るのがキツかった。

やっとちゃんこ作りから開放される日が1日あるって喜んでたのに。それがたった1回のちゃんこ休みしかなくて、、、。

ショックはデカかったなぁ。

彼が夜逃げをしたよりも、ちゃんこ当番の順番の方がショックがでかいんですよ。当時の、ほぼ毎日やるちゃんこ当番はホントにしんどかった。

あの彼の名前はなんだったっけ?

思い出そうとしても顔の輪郭さえ忘れてしまいました。それでもよく1人で飛行場へ行って日本へ帰る事ができたなぁと感心します。

その後、夜逃げ防止にパスポートと帰りのチケット没収。いつしか、タメグチもやめて敬語を使え。あんたは1.5期生じゃなくて2期生だ。に戻ってました。

だんだんと、プロレス界の理不尽さを肌に感じはじめた記憶があります。

その後に来たのがハンサム・ジョーでした。

カリブ海に浮かぶ小さな島。プエルトリコとKAIENTAI DOJO④へ