読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総ボーイ雷斗のプロレスと農業と日々の事。

岩手県紫波町で農業してます!たまにプロレス、そんな日々をblogします。よろしく!

サスケ会長とロッキーと愛について④

ロッキーの映画は愛。LOVEなんですねぇ。

かわることのない愛の形。
最初から最後までふたりのLOVEにみちあふれている映画だったんですね。ロッキーは。

不況のあおり受けて食肉工場を解雇されたかつてのスーパースター、ロッキー。
新妻のエイドリアンは子どもを宿しながら日々の生活資金のためペットショップでパート。
アポロとのリマッチに向けてトレーニングを開始するもどこか身が入らないロッキー。
その理由はロッキーの右目の怪我、彼にもしものことがあったらと心配するエイドリアンにあった。

そこにあるのは、お互いを想う気持。
愛し合う心はふたりとも一緒なのに、、、。

リマッチは近いのよ。どうすんのよっ!
映画も終盤、ラスト30分近く。
なのに盛り上がらず。

急に産気づき子どもを出産するも母体に危険が。
目を覚まさないエイドリアン。
練習そっちのけで看病するロッキー。

みんなアポロとの再戦なんて忘れてきたでしょ。と思ったその時。

目を覚ましたエイドリアンの一言。「ウィン(勝利)」

ミッキーの何をぼんやりしてる!に一気にテンションUP

いやーそこから始まるあの名曲からラストまで一気に見せるこの流れ。完璧っすね。

愛の深さとそれを生きる力にかえる瞬間。
不器用な男の生き様と支え合う夫婦のLOVE
そんなことテーマをにした映画だと確信しました。

あんなにロッキーを熱く語ってくれた皆さん。
改めて見る機会を与えて下さいましてありがとうございます。
皆さんはご存知の事、サスケ会長はプロレス愛と映画LOVEにみちあふれた方です。

さて、これを私に置き換えてみて愛あふれる農産物は作れるんだろうか。
LOVEな農業とはどんな感じだろう。
そんなテーマを取り入れて日々の農作業に取り組んでみようと思います。

いやぁ映画ってやっぱりいいもんですねぇ。

※「サスケ会長を囲む会in岩手」は私が勝手に名付けました。
次回開催に興味のある方については、つぶやけばどなたか反応して頂けると思います。

サスケ会長とロッキーと愛について①〜④ 完